-堕天竜グラウザーク-

自分のような醜い顔のような物が神の元にいることが許ず、自ら堕天してしまった。
決して人や動物を襲うことなく、草花も踏まず、常に空を飛び雲を食べて生きている。